Strasbourg

続きましてStrasbourg(ストラスブルール)

1012041.jpg

先週の土曜日に行ってきました。

主な行き先
1:Cathédrale Notre-Dame(ノートルダム大聖堂)
2:Palais Rohan(パレ・ロアン)
3:Petite France(プチフランス)
4:Marchés de Noël(クリスマスマーケット)

Strasbourgはクリスマスの街です!
クリスマスツリー発祥の地ということで大きいツリーが広場に!!
広場とか大聖堂の前には例のクリスマス小屋がたくさん出ていて
デモか?と思うくらい多くの人で賑わっていました。

1012040.jpg

大聖堂はいつも通りやっぱりすごかったです。
他の聖堂とは違って身廊の左右にタペストリーが掛けられていて
暖かい雰囲気がありました。
聖堂内には大きな仕掛け時計(天文時計)があって、
日時、曜日、太陽と月の位置なんかが
ひと目でわかるように作られていて、いちいちかっこよかったです。
教会にこういう科学な感じのものが置かれているのは新鮮でした。

聖堂の脇にから尖塔に登れるようになっていて僕も記念にひと登り。
142メートルある塔の66メートル地点まで登ることができます。

夕方に登ったので、登りでは夕暮れを
下りではクリスマスイルミネーションを見れて最高でした。

パレ・ロアンという美術館に行ったけど、クリスマスな街には何も勝てない!!
(パレ・ロアン:美術館、考古学博物館、装飾美術館がひとつの建物に入っている大きい美術館です。
とても大きくて全部回れませんでした。悔しい。)


クリスマスマーケットにはクリスマス帽子をかぶった人、
Strasbourgのシンボルのコウノトリの帽子をかぶった人
サンタの格好をして音楽を演奏してる人、いろんな人がいました。
なんか見てるだけで幸せ。
こんな平和でほっこりできるイベントは他にはない!!!
クリスマス発祥の地だけあって、クリスマス目当ての観光客がとても多かったです。
僕もその一人…笑
クリスマス小屋も多くて商品も充実してました。

Strasbourgにはクリスマス以外にも面白いものがいっぱいあるから、
またゆっくり観光しにきたい街です。
いつか来てやるー。


写真です↓

▼大聖堂
1012046.jpg

1012045.jpg

▼天文時計
1012044.jpg

1012043.jpg

1012042.jpg

Metz

1012016.jpg
最近とても寒い日が続いています。
ガーゴイルも大変なことになっています。

最近旅行記ブログみたいになってますが、今回も旅行の記録です。
先週の水曜日に日帰りでMetzに行ってきました。
Nancyから電車で約40分くらい行ったところにある街です。

Metz(メスorメッス)→Wiki

主な行き先
1:Chathedorale Saint-Etienne(サンテティエンヌ大聖堂)
2:MUSEE DE LA COUR d'OR(クールドール博物館)
3:CentrePompidou-Metz(ポンピドー・センター・メッス)


▼大聖堂
1012017.jpg

1012015.jpg

ステンドグラスの量が他の聖堂に比べて格段に多かったです。
何回見ても、ステンドグラスはすごいです。
もう、すごいという言葉しか出てこなくなってます。
石の色のせいかもしれませんが、なんか空気がしっとりしていました。
この聖堂が一番好きかもしれないです。


▼クールドール博物館
1012014.jpg

見た目以上に巨大な美術館。
考古学資料が豊富でした。

▼CentrePompidou-Metz
1012011.jpg

今年の春オープンしたばかりの美術館。
“傑作?”という展覧会をやっています。
記念すべき一回目の展覧会です。

美術の教科書とか、現代美術の本には絶対出てくる作家さんの作品ばかりでした。
有名な作品が大量に並ぶ空間は異様です。
作品の価値とか、美術館の意味がよくわからなくなる展示でした。


▼クリスマスのために出現した観覧車。すごい気合いです。
早送りかと思うようなスピードで回っていました。
1012010.jpg



いっぱい書きたいことがあるのに、書ききれず。くそー
日本に帰ったら色々まとめないと。
ちゃんと覚えてるかなー。



Reims

1011277.jpg

これは今日の景色。
朝起きると一面雪景色でびっくりしました。
これくらいの雪は1月2月にならないと降らないらしく、珍しいと聞きました。
寒い寒い!靴を買い換えないと。学校行くまでで何回転びかけたことか…


さてさて、Colmarに続き、Reims(ランス)に行って来ました。
フランスのシャンパーニュ地方の街です!
名前からわかるとおり、ココはシャンパンで有名です!→Wiki


朝はランス大聖堂に、昼からはサン・レミ聖堂、藤田礼拝堂に行きました。

今回は聖堂巡りです。
ランス大聖堂、サン・レミ聖堂、今回は閉まっていて見れなかったトー宮殿が
三つあわせて世界遺産に登録されています。

さすが世界遺産!!すごかったです。
装飾とかステンドグラスはもちろんですが、
僕は教会のあの空間にいつもやられてしまいます。
イスタンブールのブルーモスクもそうだったけど、
アーチ型の天井がつくる空間は、普通の空間とは違う広さと高さを作ります。
建物の中にいるのに、建物の外よりも大きい空間にいるような感覚に陥ることすらあります。

礼拝のための空間はとても面白いです。

寺社仏閣では仏像など礼拝の対象と向かい合う形になることが多いですが、
聖堂では神様と向かい合うというよりも
包まれているという言葉のほうがしっくりくるような感じでした。
なんというか神様の中にいるみたいでした。

キリスト像はあるけど、それは信仰の対象ではなく、手がかりに過ぎないような気さえしました。
だからキリスト像からは、仏像から感じるような神秘的な生命力は感じませんでした。
像の役割は様々。

仏教もキリスト教も基本的に偶像崇拝禁止だけど、
やっぱり信仰の手がかりが必要だから一生懸命それを形にします。
宗教によって、場所によって、文化によって
その手がかりの作り方とか形、表現は様々であることを身を持って感じています。


藤田礼拝堂は前まで行ったものの冬期休業中で中には入れませんでした。残念。
シャンパン買ってNancyに戻り、チーム金沢で美味しくいただきました。

めでたし。

そうそう、天井画用のアトリエをゲットしました!!
素敵な屋根裏部屋。また報告します~





▼ランス大聖堂
1011276.jpg

1011274.jpg


▼ほほえみの天使像
1011275.jpg


▼サン・レミ聖堂
1011272.jpg

1011271.jpg


▼藤田礼拝堂
1011270.jpg



Colmar

今日はチーム金沢でColmar旅行に行ってきました!!

Nancyから電車で2時間ほど行ったところにある街、Colmar(コルマール)。
アルザスワイン街道のちょうど中間にある街らしくワインが有名らしいです。
でもワインより何より、その街の可愛らしさがすごい!!
「ハウルの動く城」の舞台のひとつにもなっている街です。詳しくはWiki→Colmar

1011263.jpg

1011262.jpg


午前中はウンターリンデン美術館

1011265.jpg


Musée d’Unterlinden(ウンターリンデン美術館)には主に12~16世紀の絵画、彫刻等が収蔵されています。
館自体が13世紀に建てられた修道院らしく中庭が奇麗だったり、ワインをつくる部屋があったりで面白い建物。
地下には先史時代の石器、青銅器、装身具、別の階にはお菓子の型、鐘、そり…
美術館の昼休みの時間になって、見てる途中で出ていかなければならなくなったのが残念でした!

いろんな作品があって面白かってけど、
この美術館のメインの作品「イーゼンハイムの祭壇画」は飛び抜けてました。

16世紀初頭にMatthias Grünewald(マティアス・グリューネヴァルト)によって描かれた物です。
Google画像検索

聖アントニウス像を収める祭壇の扉絵で、縦横3mずつくらいありそうな大きい絵です。
しかも超絶技巧!!とくに最前面のキリスト像の表現、執拗な描き込みはすごいとしか言い用がなかったです。
キリストが十字架にかけられているシーン、つまり処刑のシーン。
そのショッキングなシーンがショッキングなまま描かれていました。
青白い体の色といい、体にある無数の傷といい…肌と傷の表現がすごくて、なんとも痛々しい絵でした。

作家は描きながら画面の中のキリストを殺しているような感覚を味わっていたのではないかと思うほどです。
グロテスクな物の美しさ、みたいなものも少しあるけれど、美しさとは又違う感覚のほうが強かったです。
でも好き。


美術館を出た後はPetite Venise(小さなヴェニス)へ!最初の写真がPetite Veniseです。
木と漆喰の壁にモザイクみたいな瓦屋根。
クリスマスマーケットが始まっていて、街中クリスマスモード。
街のかわいさが倍増です。
例のクリスマス小屋が立ち並び、色々なクリスマスグッズが売られていました。

1011261.jpg

あまりにも街が可愛いから少しだけスケッチしたけど、
このあたりの建物は何故あんな形をしてるんだろう。
木の組み方は不規則で、太さもまばら。木の部分より漆喰壁のほうが盛り上がっていて、
しかも面取りされていることが多く、そのせいで全体的に丸みのある印象。
色のチョイスも鮮やかでポップ。

クリスマスマーケットのせいもあって
クリスマスの為にできたテーマパークみたいな感じでした。
世界で一番クリスマスが似合うんじゃないかな!!

そうそう念願のホットワイン(vin chaud)を飲みました!
赤も白も美味しかったです。
柑橘系の味と、シナモンとかスパイス系の風味がまざっていて甘くて美味。
今日は雪がちらつくほど寒かったので、ホットワインは嬉しい飲み物でした。

クリスマス雑貨とか、チョコレート、フォアグラ、サンタ帽子…
こんな素敵なお店が出てるなんてイイ!
更に更に夜は最高に綺麗です。

1011264.jpg


クリスマスまであと1ヶ月!
1011260.jpg



明日は鉄道乗り放題パスを使い切るべくランスに行って来ます!楽しみだーー


今週はほっこり

1週間ぶりの更新です~
先週の木曜はボジョレー解禁日!
とりあえず買わねければ!!と思って赤とロゼを買いました。ボジョレー満喫です。


そうそう、ボジョレー解禁の日にシャンソンコンサートに行きました!

1011240.jpg

本場シャンソン。5ユーロで2時間くら聞けてホクホクした気持ちに。
ギター、アコーディオン、ヴァイオリン、ハーモニカ…最終的には植木鉢までが楽器になってました。
楽しかったー。音楽っていいなー。
なんかこう体が動いてしまう感じとか、声出してしまう感じとか。


ホクホクしてる間にナンシー滞在期間が残り1ヶ月を切りました。
ナンシーの後にイタリアに行くので、今日は列車予約をしに駅の窓口に。
チケットを買ったら、ナンシーを出て行く事にリアリティが出てきて、なんともいえない気持ちです。
ホームシックみたいな?ナンシーシックです。
ナンシーの春とか夏も見たいなー。1年間くらい居れたらいいのにと思う今日このごろ。

制作の方はぼちぼちです。
ナンシーで知り合った方の家の天井画を描かせて頂くことになって、アイデアスケッチ描いてます。
4.5メートル×9メートルという大きな画面。
天井がリフォーム中で直に描けないので紙に描いて後から貼り付けてもらう予定です。
まだ準備段階。天井画なんてもちろん初めてで、いろいろ面白いです。

壁にかける絵は絵を正面から見れるけど、天井画はなかなかそういう訳にはいかないし、
色んな方向から見て成立しないといけないし、考えることが多いです。
でもでも時間がない、急がなければ。がんばるぞー!!



街ではクリスマスマーケットの準備が着々と進んでいます。

1011182.jpg

小さい広場に小屋が2~30軒建っていました。
広めの通りにもちょくちょく小屋が建てられていて、かわいらしいです。
クリスマス用の小物、雑貨を売ったりホットワインを売ったりするそうです。
ホットワインは砂糖や香料、フルーツなどを入れた温かいワインらしく待ちどうしい!




プロフィール

takaokaakira

Author:takaokaakira
高岡 暁 (Takaoka Akira)

HPがあるのでよかったら見てみてください。
http://takaokaakira.web.fc2.com/

アクセス数
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード